<第37回例会> 信長に消された織田一族

 

<第37回>
3月28日(土)
18:00より
テーマ:「信長に消された織田一族」
実証の精度に重きをおく歴史学の研究者とは対極に位置する仮説立証主義者である郷土史家堀川泰伝氏による信長の元服から尾張統一までのお話です。氏の説によると信長の天下統一にとって最大の難関はこの時期であり、一歩間違えば信長は歴史上からこの時期に消えていた可能性さえありました。しかしこの同族争いを征し大国尾張の覇者となった時点で「天下布武」の道はすでに約束されていたというのが堀川泰伝氏の主張です。そしてそれを成し得た影に消されていった多くの織田一族がいたという構成になります。
講師: 織田信長研究家・堀川泰伝氏
会場:札幌かに本家栄中央店