例会案内【今後の日程】

参加はどなたでもご自由です。事前に、FAXか、つたも深田正雄にメールでお申し込みください。
深田正雄 masao@ab.mbn.or.jp
(@は半角に書き換えてください)

<第71回>
平成30年1月20日(土)
18:00より
テーマ:名古屋城天守閣の木造復元の課題と意義
麓和善氏
講師: 名古屋工業大学 学院 教授 麓和善氏

≪講師プロフィール≫1956年香川県生まれ。名古屋工業大学大学院修士課程修了。財団法人文化財建造物保存技術協会を経て、現在名古屋工業大学 大学院教授。工学博士。専門は、日本建築史・文化財保存修復。
≪主な著書・論文・委員会活動≫ 『城の日本史』(講談社学術文庫) 『名古屋城大天守宝暦大修理に関する史料と修理計画について』(日本建築学会計画系論文集第638号) 『二条城二の丸御殿における建築彫刻の主題と配置計画』(国華第1301号) ほか多数。 岐阜県文化財保護審議会委員、山梨県文化財保護審議会委員、文化財石垣保存技術協議会評議委員、亀城公園歴史的建造物等基 本計画策定委員会委員長。その他、安土城・鳥取城・金沢城・犬山城・彦根城・甲府城・小牧山城・岐阜城・名古屋城・長浜城(沼津)・興国寺城(沼津)等、全国の史跡整備・文化財建造物修復に参画。

会場: 札幌かに本家 栄中央店
会費: お一人様 6,000円
FAXでのお申込みはこちらから
<第72回>
2月24日(土)
18:00より
テーマ:朝鮮通信使、尾張路の旅-江戸時代の善隣交流-
講師: 歴史教育者協議会・東海地方朝鮮通信使研究会 堀崎嘉明氏
会場: 料亭つたも
会費: お一人様 6,000円
<第73回>
3月31日(土)
18:00より
特別例会:名古屋城花見と金シャチ横丁見学会
ゲスト: 新東通信スタッフの卓話
会場: 料亭大森(名古屋城能楽堂内)
会費: お一人様 8,000円
<第75回>
5月19日(土)
18:00より
テーマ:寺院資料からみた災害列島日本
講師: 名古屋工業大学名誉教授 溝口常俊氏
会場: 料亭つたも本店
会費: お一人様 6,000円
<第76回>
6月9日(土)
夕刻
本丸御殿・上洛殿見学と懇親会 名古屋城ボランティアガイド
8日に上洛殿がオープン。その翌日夕方に現地を見学し、夜は講演会と懇親会
<第77回>
7月28日(土)
18:00より
テーマ:名古屋城の民営化 我々ならこうする(仮題)
講師: 本丸ネットワーク理事長 三輪隆裕氏
会場: 札幌かに本家 栄中央店(予定)

名古屋の旧町名を復活させる有志の会 <第70回例会>

<第70回>
平成29年12月16日(土)
18:00より
テーマ:「名古屋城二の丸庭園について」
講師: 名城大学 農学部教授 
丸山宏氏(名古屋城跡整備検討委員会・庭園部会)

会場: 料亭つたも
忘年会会費: お一人様 6,000円

これまでの例会はこちらからご覧いただけます。

 

さあ寄付金集めだ!決起集会 【終了しました】

名古屋城の天守閣の木造復元が決まりました。そこで寄付金を集めるための決起集会を開催します。
この偉業を成功させるため、党利党派を超えて一致団結しましょう。
(画像クリックで詳細をご覧いただけます)

  • 日時:平成29年5月14日(日)9時30分~12時 (開場9時20分)
  • 場所:中区役所大ホール(中区栄4丁目1番8号/地下鉄栄駅12番出口より東へ1分)
  • 会費:無し
  • 参加申込:不要(事前連絡は要りません)

名古屋城の庭と花を見て回るツアー

  • 日時:5月14日(日)13時30分 正門集合

「御深丸→二之丸→名城公園」というルートで、庭と花を見て回りましょう。


北見昌朗の講演「古地図を手に名古屋の歴史を語る」

平成29年4月に行われた講演録をまとめました。こちらをご覧ください。



「名古屋の旧町名の復活を目指す有志の会」は、平成24年2月に発足しました。以降毎月、例会を開催しています。

東海テレビ「日曜なもんで」古地図の旅コーナーに、北見昌朗が出演しました。(2016年8月28日放送)

河村たかし名古屋市長と北見昌朗が対談しました。

Pasted Graphic 1

平成23年11月22日13時45分から14時15分まで、河村たかし名古屋市長と北見昌朗が対談。

北見昌朗は「旧町名の復活運動を始めたい」と申し出た。それに対して河村市長は、
「大いに賛成だ。名古屋市長として旧町名の復活に向けて邁進したい。市民からの盛り上がりを期待したい」と前向きな回答。

名古屋旧町名の復活を目指す有志の会を急遽立ち上げることになった。平成24年2月にも、その旗揚げ式を行う。

写真は、市長室で。河村市長は市長室に北見昌朗の明治古地図「がんばれ名古屋商人」を飾っていて、毎日見て楽しんでいるという。

北見昌朗は古地図の前で固い握手を交わした。
「復活旧町名! 復活名古屋の歴史! 復活名古屋!」